EVENT REPORT

Mar 2022

社会インフライノベーションの現在地
デジタルツインとAIが実現するサスティナブルな未来

さらなるビジネスの拡大

さらなるビジネスの拡大

さらなるビジネスの拡大

さらなるビジネスの拡大

さらにグリッドはAIをつくるだけではなく、実際に業務で使用するアプリケーションの開発まで行っている。アプリ開発部分をSIer等に任せると、正しい業務の知識が伝播しなくなってしまうため、AI開発の際に蓄積した業務知識をもとに、一気通貫でアプリ開発まで行っているのだ。

このように、業務で使用するシステムをつくるとアフタービジネスがうまれてくる。
「アプリまで開発していることで、保守・アフターサービスまでご要望いただき、ストックビジネスが積みあがってきている状態です」。

「通常の保守以外にも、AIの陳腐化を防ぎ、AIの性能が下がらないように付加価値サービス『KYQLOS』の提供をしています。我々は、AIの会社ですが、こういった運用監視の体制もつくっているのは特徴的なところかと思います」。

さらに、グリッドでは構築した社会インフラのモデルを横展開するために、AI・as a Service『ReNom AppS』をリリースしている。

「ビックデータ、IoTが重要なのは間違いないですが、一方でデータを集めるのが大変で、データを持っている企業がバラバラだったり、集めたデータが揃っていなかったりと、長い年月と膨大な投資をもって、実現できるかどうかという話になってしまいます。そうなると、ビッグデータではスモールwinが得られにくいんです。今できることは何か?となると、我々はシミュレーターが大事だと思うんです」。

IoTというのがデータを集める行為とすると、シミュレーターはデータを生み出す行為である、デジタルツインで得意先のビジネス空間を再現し、相応のデータを吐き出させるということだ。メリットはデータ収集の問題がクリアになること、そしてIoTビッグデータよりは比較的簡単にできるということで、スモールwinを得るにはシミュレーターが非常に良い手段だと、グリッドは考えている。

「今までにシミュレーターをたくさんつくってきた中の共通項をライブリー化し、フレームワーク化したサービスが『ReNom SIM』です。例えばモノを輸送するとき、固いものと、液体のものだと、それぞれどんなパターンがあるかといったことを整理した、既成のソフトウェアをつくっています。ほかにもネットワーク構成だったり、生産構成だったり、物事の性質の変換はどんなことがあるかといったことを、積み重ねてモジュール化し、これをパーツで組み合わせるとシミュレーターが出来上がるかたちです。『ReNom SIM』を使うことで、短期間でビジネス成果を上げられたという実績も出ています」。

データサイエンティストを育てる

データサイエンティストを育てる

最後に、照井さんからグリッドの人材戦略についてお話を伺った。

一般的なAIスタートアップが求める人材というのは、統計学や数理アルゴリズムなどを専攻してきたデータサイエンティストになる。しかし、グリッドはそうしたデータサイエンティストよりも産業界出身の人材を求めている。

「グリッドの意思として、社会インフラのなかで勝ちたい、社会実装したい、というこだわりがあります。そのためには業務の知識が重要です。データサイエンティストやソフトウェアエンジニアの教育サービスはありますが、ドメイン知識は習得が難しい。そのため、そうした知識を持っている人材が貴重なのです。さらに産業界出身の方は、元々社会に貢献したいという意識が強い人が多く、グリッドのメンタリティと近しいことから、そうした人材を採用し、データサイエンティストに育てる、という人材戦略をとっています」。


我々は地味なAI会社です、と照井さんは謙遜するが、重厚長大な社会インフラ領域で、確実にAIを実装させていき、得意先の経済的効果を与え、ひいては社会や環境に良い変化を生むという意思がとても感じられた。

<Feb, 2022 新居 未知子(WAO事務局)>

1

2

3

社会インフライノベーションの現在地
デジタルツインとAIが実現するサスティナブルな未来

照井 一由

株式会社グリッド AI事業本部 取締役本部長
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社にてAI主管部署を立ち上げ、幅広い分野でのAIビジネス活用推進に貢献。
2020年より、社会インフラに特化したAI開発を行うベンチャー、株式会社グリッドのAI事業本部取締役本部長に就任し、世界に先駆けてIndsutrial AI市場の拡大をリード。

OTHER ARTICLE

このカテゴリの他の記事

人とロボティクスの未来
AI×ロボットによる新たなマーケティング手法を探る

REPORT

人とロボティクスの未来 AI×ロボットによる新たなマーケティング手法を探る

いま、イノベーションをあらためて考える
~イノベーション経営への挑戦~

REPORT

いま、イノベーションをあらためて考える ~イノベーション経営への挑戦~

いま、地域に求められる「らしさ」

REPORT

いま、地域に求められる「らしさ」